中高年や熟年からの結婚・婚活や就職、仕事について

当HPはアラフォーの中高年から50、60代以降の熟年の方々の就職・求人情報や仕事、結婚生活などについての悩みや体験談などをまとめているサイトです。

女性が考える熟年の婚活や介護の問題

   

中高年の結婚には考えなければいけないことが多い

kangae中高年が結婚をするにあたってはいろいろな心構えや準備が必要だと思います。そもそも、結婚するにあたっての婚活をどのようにするかというところからスタートでしょうか?

若い頃とは違う

それなりの収入や社会的地位があったとしても、逆に両親の介護問題があるかないか、住宅が歩かないかなども若い世代の婚活とは違って最初から相手方も気にするからです。さらに中高年まで独身でいたということは女性から見て、コミュニケーション能力に欠けるのではないかと勘繰られることがある からです。

逆に子供でもいないのであれば、結婚経験があったほうが、実際の長い人生を考えた場合には共同生活をしていくうえで安心かもしれません。

子供・定年・親戚づきあいなど

ここで私が定義する中高年は40歳から55歳とさせてもらいます。仕事においても責任や社会的責任が出てくる、そして逆に60歳になった後の人生を仕事も含めて考える世代です。

もちろん、結婚をするのであれば、結婚する相手とも中長期的な人生設計を行って、同じ価値観で生活を歩める方を探さねばなりません。相手の女性の年齢次第ですが、まずは結婚となると子供を必要とするかというのが最初のポイントだと思います。

danranそして、次にお互いの両親との付き合い、兄弟、親戚との付き合いも考えていかないといけません。

子供についてはデリケートな問題

特に子供に関しては非常に大きな問題です。私の定義する中高年40歳から55歳となれば子供が生まれたら成人するまでの費用、教育費を検討せねばなりません。60歳の定年後まで教育費がかかってくるというシミュレーションができる算段が重要になるわけです。

そして、親戚づきあい、特に親との付き合いです。介護問題も含め、住まいの場所や費用も含めてきちんと考えないといけません。もちろん、女性側の仕事を続けさせてあげるのか、家庭に入ってもらうのかという判断も前述のポイントがしっかりまとめられていない段階では決断できないことになります。

老後のことまで考えた結婚計画を

kaigo_01以上、中高年が結婚しようとした際のターニングポイントや課題などを挙げてみましたが、実際にはこれ以外にもいろいろ個別の課題が出てくると思われます。

こうした課題を乗り越えてでも結婚しようとするのであれば、よく話し合って、そして老後のことまでしっかりビジョンを描いたうえで人生を共にできるかどうか、しっかり見極めておかねばなりません。若いころの恋愛のように一時の感情に押し流されるような形で結婚に踏み切ることは女性側にとっても、失礼に当たりますので気をつけましょう。

 - 40代・50代, 結婚・婚活 ,